片雲日記

いろいろ

仮面ライダービルド 第14話 偽りの仮面ライダー

hero-news.com

この記事に書いてあった「1クールここまでつっぱしれたならもう認めざるを得ないわ」というコメントの通りで自分の中の評価が上がっていく仮面ライダービルドが、作劇の深さを見せつけた第14話。良かったなあ。3回くらい見返してしまった。ほんと神回。

仮面ライダービルドのこれまで見てきた印象は、ストレートなヒーロー物だけどなんか設定に整合性取れてる?という印象で、例えば戦兎のビルドの力は人助けのためだ、力を手に入れるってのはな・・・と万丈やその周りにヒーローとしての薫陶を与える一方で、自分の発明品には見境がなく狂喜乱舞し作った武器を仲間に対して「試したい!」とはしゃいでいるキャラ設定の一貫性のなさみたいなものだったり、悪の組織ファウストから逃亡するヒロイン美空が顔出してネットアイドルしていて大丈夫か!?、、ということだったり、話は面白いんだけど、細かいそういう違和感がどうにも気になってしまって、惜しいなあ、都合のいい設定ばかりに見えて、なんか軽いよなという印象だった。

というところに来て、マスターことブラッドスタークですよ。彼の正体とその真意が語られた第14話。色々見方がひっくり返った。謎は一つも明かされたわけではないんだけど、美空の逃亡がマスター=ファウストの手によるものなので顔出して何しようが別に実際のところ問題ないし、(もしかしたらネットアイドル自体マスターのアイデアかもしれない)戦兎の科学者とヒーローのキャラ設定のブレも、そもそもビルド=戦兎の出自がマスターの手によるものなので、なんか裏があるんじゃないかと思ったところで違和感はすっかり消えて、その出自の話、第15話で語られそうじゃんどうなるの!?とすっかり作劇の術中にハマった感じがある。発明品に浮かれる感じとかアイドルとか子供向けの楽しい演出とも考えられるんだけど、これがしっかり考え抜かれた作劇上の設定だとしたら、いやほんとに脚本すごいです参りましたと言いたい。雨の音で変身音が消える演出とかも凝ってて良かったよね。よくよく思い返せばファウスト勢の蒸血の演出も凝ってるし、バイクアクションも頑張ってるし、あれやっぱりいい作品だなと思ってからは自分の中のビルド推しが凄くて、奥さんに結構ひかれてます。

あともう一つ違和感を感じていたのは変身の核である「ベストマッチ」。あれ、ベストマッチじゃないときの形態とのパワーの差別化がはっきりしないので、いまいち強いのかがわからず、おもちゃとしてのギミックだけで話として意味付けはないのかなあと思っていた。「オーズ」の「コンボ」は力を得る代わりにその代償もしっかり描いてて、パワーアップの演出として分かりやすかったし、変身がドラマチックになったりするので、なんかベストマッチにも意図があるといいなあと思っていたらその懸念も下のインタビューで薄れてきた。以下少しだけ引用。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』ビルド武藤将吾&エグゼイド高橋悠也の脚本家対談 - 夏映画ビルドの伏線、ライダーを書く魅力に迫る (1) キャラクターが多いなあ(笑) | マイナビニュース

――特にフルボトルによるフォームチェンジは最初の「ラビットタンク(ウサギ+戦車)」から始まり、第2話でゴリラモンド(ゴリラ+ダイヤモンド)、第3話でホークガトリング(タカ+ガトリング)と、奇抜な組み合わせが「ベストマッチ」として登場しますから、これをストーリーに反映させるのは大変なんじゃないかと思ってしまいます。

武藤:ほんと、そう思いますよね。第5話のニンニンコミック(忍者とコミック)なんて、どうやってお話に組み込んだらいいの?って(笑)。実は、そこにはトータルとして意味があるのですが、今のところは「これって何なんだ?」というアンバランスさと、フルボトル同士のベストマッチを探すという部分の面白さを観ていただければと思って書いています。まあ、好きで飛び込んだ世界なので、あまり「大変だ」とばかり言えないですよね。

「そこにはトータルして意味がある」、これはやっぱり意味があるんだなと非常に興味深いフレーズですね。色々妄想できてしまうな。

 

もうすぐ最終回じゃない?なんて言われるほど最近のビルドは勢いがあるけど、西都、北都のこととか、マスターの超人的な能力の秘密とか、ラビットタンクスパーリングの元になったボトルってあれ絶対マスターわざとだよね?とか、パンドラボックスの謎とか、そもそも火星が今後どう関わるのかとか、まだまだ今の話は謎の一端でしかないんだよねと思うと、心が躍るな!

 

・・・徐々に高評価を得ていくビルドだけど、つくづく思うのはエグゼイドの後番組でなければもっとすんなり評価されていたのになと思う笑、こればかりはどうしようもないね。

裏垢大掃除

学生時代からたまに思い出しては書いていたブログをまた始めることにしました。という宣言も何回目だろうね。ブログを何度か作っては消しているので、このブログも同じような運命になる可能性が高いなあ、、笑、ただ少し違うのは奥さんにも読んでもらえるので少しはモチベーションが高くなるかもしれません。

 

ブログを書くにあたり、片雲日記って検索したら、同名をもじったブログを発見。同じタイトルでやっていた人がいたのかな〜とページを開いたら、黒い画面になんとも中二病な暗くて愚痴っぽい文章が並んでて、何だこれはと読み進めていると、自分が高校生くらいの頃に書いていたヤツじゃないか?と気付き悶絶した。恥ずかしすぎてほんとに自分を呪ったわ笑。今でいう裏アカ的な位置づけのブログになるのかな、、インターネットに何か書くと半永久的に残るんだなということを再確認した瞬間でした。いや裏アカブログを書いても良いんだけど片雲日記のタイトルをもじってたらバレるじゃん笑、何間考えてるんだ馬鹿だなあと思いながら、抹消しようとログインを試みるもメールIDが全然わからず、あの手この手で大昔に使っていたメールアドレスをどうにか見つけ出しようやく入り込み、秒速で抹消しました。これからの記事が数十年後の自分に跳ね返らないよう十分気をつけていきたい気持ちを新たにしました。

 

特に何を書くということも決めずにできたら毎日書きたいと思います。名前の通り日記になると思います。

バグルドライバーツヴァイがほしい

掲題の通りです。まあ欲しい。もうすぐ28歳なのに。ときめきクライシスガシャットと合わせてほしい。

私の仮面ライダー体験は(唐突)ディケイドから入って、Wからズブズブハマって以後お得意様といった感じです。あんまり自慢できることが少ない私ですが、平成2期ライダーはどんなに駄目シナリオでもとにかく欠かさず見つづけたというのは誇っていいと思う。たまにインタビュー集とかフィギュアなんかは買ってたんだけど、変身ベルトだけは超えちゃいけないラインのような気がしてまだ買ってない。

ゲーマドライバーも欲しいが、特に敵側の変身アイテムであるバグルドライバーツヴァイが欲しいのは先週日曜の仮面ライダークロノスの時間停止演出が恐ろしくかっこよかったもんで購買欲がフルスロットルだぜ、、

反則だよね。「ポーズ・・・!」ってやりたいもん。反時計回しライダーキックやりたいもん。しかもレオンチャンネル見てたら、あのドライバー大人向けの拡張ベルト付属してるのね。もう子供を相手にしてないよね。


仮面ライダークロノスに変身!DXバグルドライバーツヴァイ & DX仮面ライダークロニクルガシャット レビュー!ライドプレイヤー変身音・武器攻撃・必殺技・時間停止!

あと、クロノスの変身アイテムだけでなく、ヒロインが変身するアイテムというのもポイント高い。ときめきクライシスガシャットの変身音声も、キャッチーなフレーズで可愛いしかっこいいし、何話だったか忘れたけど、敵幹部として出てきたポッピーがドス声で「変身」っていうのは、かっこよかった。松田るかさん振り幅すごいなと改めて思った。ポッピーの衣装が似合う時点ですごい人なんだけど。ポッピー好きの奥さんも遊べるんじゃないか?もう買っていいんじゃないかなあ、、笑

ライダーファンの自分ですら見た目でドン引きしたエグゼイド、毎話最高に面白くて、その盛り上がりに乗じたいというのもある。神様にお布施したい気持ちに似てる。当然だけど結構エグゼイドのビジュアルで見なかった人も多いみたいで、確かにねえ、、品川・飛天のエグゼイドイベントでも自らネタにしてたけど、たしかに目あるし髪も生えてるし、その気持ちすごくわかるけど、でも脚本めちゃくちゃ上手で面白いんだよな。「仮面ライダー」として見ても、敵と同じ力で戦って、今回ガチでみんな「言わば」改造人間だしね。敵の力を宿すエム先生とか、設定の根本は意外とベタなライダーだし、そういうのも作り込まれてるので燃える。あとこれはなかなか珍しいんだけど敵の理屈もわかるので単純に戦闘が熱いっていう。だんだん書いててキモくなってきたけど、まだ30%くらいの熱量です。平成2期ではWが一番好きだけど、並ぶか、瞬間風速的に超えるくらい好きかもしれないです。

買うか!と思い、アマゾンで見たらときめきクライシスと合わせて約1万円、、高い、、

 

久々に本を読んだ

昨日書店で又吉の「夜を乗り越える」を立ち読みしていたら、思ったより面白くて気づけば3分の1くらい読んでいて、待ち合わせの時間にも遅れそうだったので、そのまま本を戻すのもなんだか忍びなく、結局800円くらい払って、帰り道で一気に読んだ。

高校生のころ、友達付き合いも減らしてとにかく本を読みまくった時期があって、くらい青春だったなと今振り返れば思うけど、それはそれで自分の価値観を作るための貴重な体験になってて、一つの財産のような気がしている。

大学生になって読書量はぐっと減り、社会人になって1ヶ月に1冊くらいのペースだったが、ここ最近はいよいよ読まなくなっていてなんか寂しいなと思っていた矢先に「夜を乗り越える」を一気に読めたのはとてもうれしいことだった。

又吉の読書を通して得られるものとその体験は、高校生の頃に感じていた気持ちを代弁してくれて、やっぱ読書って大事なことだよなと改めて思う。早速、「夜を乗り越える」で紹介されていた、古井由吉の「杳子・妻隠」を買って読みはじめた。そのうち書評なんかも書ければかっこいいんだけど、できるかなあ、、

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)