片雲日記

いろいろ

年の瀬

年末のいよいよ12月最終週だというのに提案が3件入っていて、タスクの多さに心折れかけてたんだけど、もうやりきろうと思い、死ぬ気で資料作って、迎えた火曜日10時の1件目の提案で、持ち帰りの課題やらなんやら、宿題が2倍くらい増えたので火のついたハートが冷たくなって割れる音が聞こえた。

傷心の俺は2軒目に挑むべく渋谷へ。打ち合わせまで少し時間があるので、リンガーハット皿うどん食べて、近くにマッドコーヒーがあったので、少し時間をつぶす。

 

入り口のドアが160センチしかなくて天井が低いけど居心地良い

 f:id:droon:20171226125152p:image

ドリップコーヒー380円 カップがデカイ

f:id:droon:20171226124807j:image

 MUD COFFEE JAPAN

 

年の瀬の「瀬」って、川の浅いところとか急流のような船の通りが困難な場所をを指すんだってね、慌ただしく暮れていくという意味ではまさに年の瀬の渦中の特に難所にいる気がするけど何とか生き延びたい。

年末だと感じるのって大晦日の紅白見てる瞬間くらいで、新年と感じるのも駅伝見ながらおせち食べてる3が日くらいなもんで、おめでたいような気持ちを引きずりながら、1月の初週が始まり、中旬になる頃にはすっかりいつも通りの毎日が始まっている。新年に立てた目標だってそのうちどうでもよくなるけど、考えてみれば目標なんか立てなくてもこれまでもやることやってるし、無理しなくていいんじゃないかなあと最近はすっかり諦めている。きっと長期目標は自分に向いてないんだな(酷い言い訳)

意識高くないので、計画的なスキルアップとかそういうのに力を入れられる自信がないけど、読書とか映画とか好きなことのインプットは計画立ててみても面白いかもな。スケジュール作ったらブログにアップしよう。