片雲日記

いろいろ

たいしたことなかった

私の考えすぎだったらしい、同席した部長がものの5分で客の誤解を解き、険悪だと思われた打ち合わせが和んでしまった。なんてこった。拍子抜けもいいところで緊張が解けてしまい、安堵のあまり話が半分頭に入らない。部長は客の指摘を軽々といなしていく。専門性が求められる仕事なので、経験の浅い自分には分からない部分も多い。分からないからこそ客の言っていることや会社で言っていることに対して自分なりの正否だったり判断ができない、そして不安になる。やっぱり勉強してない人間は弱いなあとつくづく思った。

 

夜更かしを避けたり、ジュースから水に変えたり徐々に健康志向が高まるこの頃だが、それがいいのか体調が改善し、結果電車で寝なくなったり朝の時間を有効に使えるようになり、徐々に自分の時間を勉強に振ることができるようになってきた。まだまだ甘えてしまって、あまり長い時間集中できないけれど。仕事中の空き時間は喫茶店でスマホを見ていたが、近場の本屋に言って雑誌を読んで情報収集したり、とにかく「意識の高い」ムーブをしている。深みの世界である(※分からない人には絶対にわからない)次に何しようかと迷うことも減り、時間が出来たからこの時間はこれに集中しよう!と決めて動くようになってきたり、今年に入ってからマジで自分どうしたんだ?

 

前の会社の職場で上司に、手は早いけど考えてないときあるよねと言われたことがある。行動は起こす。そこは認めるがその行動の結果を考えているのか?判断の根拠は何なのか?というわけだ。あと、私は人の話を聞いているようで60%しかわかっていないことが多い、人の話を「流し聞き」しているような感じなのだ。理解できないことに答えようとして、大まかに理解して応答する癖がついた結果、あんまりわからなくても答えられるし、きちんと聞かなくてもいいかという癖がついてしまったように思う。

 

そんなわけなので、反射神経でものを答えたりする。話の大局はわかるので、ああそうですかなるほど、それで?と相づちは打つが、細かい話はわからない。話を広げるための選択肢AとBがある。あれ?今の話なんでしたっけ?ということは言わない。恥ずかしいからだ。とにかく行動あるのみ、Aを選ぶが、キチンと聞いてないので話を広げた根拠もない、そういうことである。今年の課題は傾聴だな。